1. ホーム>
  2. くらし>
  3. くらしのお知らせ>
  4. ハタチからの子宮頸がん検診

ハタチからの子宮頸がん検診

『ハタチからの子宮頸がん検診1』の画像

(音声読上げ用テキスト)ハタチからの子宮頸がん検診
To the future of the lady I can do now
子宮頸がんってどんな病気? 子宮頸がんは、子宮の入り口付近にできるがんです。20歳代から30歳代の若い女性に増えています。初期症状がほとんどなく、自分で気付きにくい病気です。グラフ 子宮頸がん年齢別の罹患率(人ロ10万人対) どうしてかかるの? HPV( ヒトパピローマウイルス) というSEXで感染するウイルスが主な原因です。SEX経験のある女性なら誰でも感染している可能性があります。予防や対策はあるの?子宮頸がん検診で早期発見することができます。早期発見なら、お腹を切らずに子宮を取らないで完治が可能で、妊娠、出産ができます。早期発見のために、定期的に「子宮頸がん検診」をうけることが大切です。検診を受けると・ ・ ・ ・前がん病変や早期のがんが発見できます。前がん病変とは、がんになる前の状態で、フォローや治療ができればがんになりません 。早期発見されれば治療もしやすいため、検診を受けている人は受けていない人と比べて、5年生存率におよそ20%も開きがあります。検診を受けて早期発見・早期治療をすれば治る可能性が高い病気です。 (音声読上げ用テキスト終了)

『二十歳からの子宮頸がん検診02』の画像

(2ページ音声読上げ用テキスト)あなたの未来に今できること 子宮頸がん検診ってどんなことをするの? (1)対象 20歳以上(年1 回) (2)問診 初経年齢、月経の状況、自覚症状などを確認 (3)診察 医師が子宮の大きさや形、表面の状態などを診察 (4)細胞診 医師が専用ブラシを用いて子宮頸部の細胞をこすって採取します。痛みはほとんどありません。 (5)結果 採取した細胞の形などを専門の技師と医師が顕微鏡で調べます。検査自体は5分から15分程度で終了します。検診を受けるにはどうしたらいいの? お住いの市町村の保健センターに申し込みましょう。★日時を定めて、保健センターや公民館などで実施される「集団検診」と、医療機関で受診する「医療機関検診」があります。★お住いの市町村によって、20歳になられた方や25 ・30・35 ・40歳の方に、無料で受けられるクーポンが送られます。くわしい検診の日程や、申し込み受付については、お住いの市町村保健センターへお問い合わせください。市町村保健センターの一覧は、県のホームページに掲載しています。茨城県ホームページから「がん検診を受けましょう」で検索または右記QRコードでお入りください。茨城県保健福祉部保健予防課がん対策推進室 電話029-301-3224 茨城県ホームページ総合がん情報サイトいばらき 茨城県 がん対策 検索(2ページ音声読上げ用テキスト終了)

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康推進課 健康増進Gです。

〒311-0105 茨城県那珂市菅谷3198番地

電話番号:029-270-8071(内線531・532) ファックス番号:029-298-8890

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

那珂市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
広告掲載について 閉じる
スマートフォン用ページで見る